中学受験で必要な力を得るために

中学受験に必要なことは、「問題の本質を考えること」と、「問題を早く回答すること」です。

問題の本質を考えることを身につけるためには、まず知識を得なければなりません。これが第一段階の準備です。
とにかく必要な情報を覚えることです。ただし、人間は1回勉強してもすぐに忘れてしまうため、何回も繰り返し勉強することが大切です。

ある程度知識が身についてきたら、次は身につけた知識を問題に生かすことを考えます。これが第二段階です。自分が得た知識をどう組み合わせれば、問題が解決するかを一生懸命考えます。このときはまだ時間を気にしてはいけません。とにかく問題を回答するためのプロセスを身につけていきます。
合わせて、抜けていた知識があれば適宜勉強しておきましょう。この第二段階での勉強ができるようになれば、おのずと問題の本質は考えられるようになっています。

問題から回答までのプロセスが分かったら、いよいよ時間との闘いになります。中学受験では制限時間があります。ゆっくり問題を解いていたら、間違いなくすべての問題が解き終わりません。そこで、問題を早く回答するために訓練をする必要があります。古典的な方法ですが、この段階では、ひたすら時間を計って勉強するのみになります。