中学受験のための勉強法

中学受験のための勉強を独学でするということは、自分ひとりで時間割や目標を決めて進めていくということになります。

何らかの理由で(とても些細な理由でも)ひとたびその勉強時間をロスしてしまったときには、次に学習しようと決めていた教科が後ろにずれてしまったり、学習する必要のある教科を後回しにしたりといった計画の乱れにより、中学受験合格という大きな目標を前にして、自分で立てた目標が達成されにくいということを経験することになります。これによって焦りを感じ、集中できない、勉強内容が頭に入ってこないという悪循環に陥る可能性もあるかと考えられます。

その点、塾や家庭教師を利用する場合は時間に強制的な区切りができますので、たとえその時間内に勉強が終われないことがあっても、次回の授業までの課題として勉強への集中力を保つことができます。
また、受験勉強自体においても、解けなかった問題や理解できなかった内容が出てきた場合、先生に自分がどうして分かっていないのかなどの微妙なニュアンスも伝えられ、質問することで自分の弱点の傾向もつかめます。「問題を解くには、理解を深めていくよりも、ときには暗記を優先したほうが試験では効率がいい」などの有益な情報も得られやすいことでしょう。

塾や家庭教師から与えられる毎日の課題は、強制的な時間制限のなかで日々挑戦をし結果を出していくことです。こういった短期的な目標達成の積み重ねが、中学受験合格という大きな目標達成へと繋がっていくのです。